夏越しの大祓い

茅の輪
 
夏越の祓では多くの神社で「茅の輪潜り(ちのわくぐり)」が行われます。
これは、茅草で作られた輪の中を左まわり、右まわり、左まわりと八の字に三回通って
穢れを祓うものです。多くの神社で準備されています。




大祓い

昔より、人々は身を清めることにより、様々な災害を取り除き、幸福と繁栄を祈ってきました。
 特にこれから暑い夏を迎えます。この夏を、疫病にも罹らず無事過ごせるように祈り行ったのがこの
「夏越しの大祓い」です。また、「大祓い」という儀式は、一年に2回行われ、6月30日の「夏越しの大祓い式」
それから12月31日の「年越しの大祓い式」があります。



僕の場合は、年末に「一年の御礼参拝。この夏の大祓いの時には中間報告と御礼に
お世話になっている神社に参拝に行きます。
 

 
上の四枚の写真は、船橋の大神宮の外宮と天之御柱宮。


みなさんも是非、大祓いと御礼の参拝にお出かけ下さい。


Internet ExplorerとFlashのバージョンによっては写真が表示されない場合があります。




トップへ
トップへ
戻る
戻る